さて皆さまご無沙汰しております!

現役の独立中小企業診断士 まるぶん です☆

 

診断士の面接試験を通過したヒトにとっては
そろそろ実務補習のタイミングですね!

 

中小企業診断士の資格登録を迎えるに辺り
最後の難関である実務補習

とても緊張している方もいらっしゃるんじゃ
ないでしょうか?

 

そうですよねー

 

当たり前だけど、なんせ初めての経験

どんな現場になるのか分かりませんものね

 

ですので、現役の中小企業診断士のまるぶんが
皆さまの参考になればと

今回は昔を思い出しながらレポートしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

あれは忘れもしません

合格通知を年末に喜び勇んで受取り

即行で実務補習を申込みました

 

まるぶんの場合は
3回連続での申込み

もう、早く診断士として
仕事をしたくてうずうずしていました

 

そうして実務補習の当日
全体で集まってオリエンテーションがありました。

おそらく総勢200名程度でしょうか?
内容は。。。覚えてませんが、汗

 

指導の先生の紹介をされたのを覚えています。

ふむふむ、あの先生か!

もちろん事前の資料で
なんという先生か知っていましたので
チェックです

 

そしてそれぞれのチームの部屋に
分かれていったんです

 

チームはそれぞれ5名ずつ
3回とも同じメンバーとなります。

 

それぞれが自己紹介します。

”よろしくお願いします!”

そして指導の先生から
進め方をレクチャーされます

 

その5人チームで
ある企業を訪問して経営診断を行い

そして診断報告書を作成して
説明会を行うというものでした

 

それを3回繰り返す

 

つまり中小企業診断士としての
職業訓練というわけです!

ワクワクですね!

 

たぶん所属するチームで
それぞれやることは違うとは思います。

が、基本はだいだい同じでしょう!

 

ということで

まるぶんが実際に受けて行程をお話ししていきます♪

 

 

まず1日目は手元の資料を元に

リーダーは誰が務めるか?
何を質問するか?
最終の診断報告書の完成イメージは?
それぞれ誰がどの担当を書くか?

などを話し合いました。

 

そして2日目はいよいよ企業訪問

経営者および幹部の方にご挨拶

そして予め準備した質問をぶつけ
その反応を見ながらさらなる質問

経営者や幹部の想い

そしてどんな会社が理想的なのか?

その実現のために今やりたいこと

やれてないこととその理由

など、どんどん具体的に落とした
現状把握をします。

 

そして3日目は

大きめの付箋を使って
3C分析を進めながら
経営環境を共有します

その上で
実際には何を目指したいのか?
本当に今の戦略でいいのか?
他に見逃しているところはないか?
などのディスカッションを進め

具体的な施策を各担当別に
抜き出して行きます

そして持ち帰って自宅で
資料作成を進め

 

4日目はそれらの資料をまとめる作業

ひとつの診断報告書として完成させ
印刷して製本します

 

5日目は診断説明会

それぞれの担当部分について

説明をして感想をいただいて終了です。

 

この5日間の行程を3社行うわけです。

 

いかがでしょうか?

少しはイメージはつきましたか?

 

この実務補習に付き合ってくれている企業様は
ほぼボランティアで付き合ってくれてます

指導の先生、ないしその知り合いの方に頼まれて
診断士を育てるためなら。。。と
少額の謝金で貴重な時間を裂いてくださっています

だったらやっぱり

 

”おお!これは参考になるな!
時間を提供してよかった!!”

 

と思っていただきたいじゃありませんか!

 

 

なのでぜひ

可能な限りの情報をかき集めて

ひねり出せるだけのアイディアを生み出して

考えられるだけの知恵を振り絞って

いい診断書を作ってくださいませ

 

そう!

 

すべては企業発展のために
すべてはみんなの笑顔と元気のために

 

それでは今日はここまで
今後ともよろしくお付き合いくださいませ☆

 

長文・乱文を最後まで読んでくださり
いつもありがとうございます♪

 

中小企業診断士資格最強の学習ツール

 

いつも応援のクリックのご協力
ありがとうございます☆
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

中小企業診断士 ブログランキングへ